YouTubeペナルティを受けるアカウントがどういう物か、ポイントを的確にまとめた動画です。

 

レビュー:★★★★

 

《ここがオススメ》

YouTubeアドセンスからの収入がストップする前に、この動画を見ることで、

やっていい事とやっては行けない事を明確にする事ができ、

アカウント停止のリスクを最小限に出来るので非常におすすめ。

 

《この動画の要約》

アドセンスアカウントがもし停止になると受けるペナルティ↓↓

 

1、全動画収益の無効化

2、6か月間アドセンスを実施でき無くなる。(ブログは影響しない)

 

主な停止条件

Googleが定めているペナルティを3回受けると停止になる。

 

ペナルティの対象となる行為↓↓

1、禁止コンテンツの投稿。⇒アダルト、タバコ、アルコール等

 

2、コンテンツIDのブロックを受ける。(Googleロボット自動検出機能)↓↓

コンテンツIDブロックに該当する3つの条件

①第三者のコンテンツの一致

②一部の国で禁止

③全世界の国で一致は1アウト。

 

3、著作権違反コンテンツを投稿した場合。

(著作権は親告罪)

事実の報道は著作権違反にはならない。

政治家の発言等も著作権にはならない。

 

 

停止を回避する3つの方法。

1、テストアップロード。

アドセンスアカウントで紐づけてないアカウントでテストしてみる。

2、1アウトで、動画のUPをやめる。

3、2アウトで該当するチャンネルを削除する。

4、チャンネルが大きくなるほど厳しくなるため、大きくなりすぎないようにする。

目立たないようなチャンネルを作る

リスクは分散していこう。

 

《コメント》

YouTubeに動画を投稿している人なら一度は経験したことがある

第三者のコンテンツの一致。

動画投稿に際して、著作権を理解していないとこういったペナルティーを

受けることとなる。

ペナルティーは3回までという事なので、自分で著作権について良く理解していないうちに

アドセンスアカウントが停止されてしまった・・・なんてこともあるだろう。

そうなってしまった場合は、6か月間YouTubeアフィリエイトを行えなくなってしまう。

そんな痛い思いをする前に、確実に今回の動画は抑えておこう。

 

ポイントとなるのは、自分自身が著作権違反を行っていないと自負できても、

相手の親告によってペナルティーを受けてしまう事があるという事だ。

 

チャンネルの規模が大きくなればなるほど、そのリスクは高まってくる。

これはどんなにクオリティーの高い動画を作成したとしても付きまとう

リスクと言えるだろう。

 

その為にも動画で解説があったように、なるべく大きなチャンネルにならないように

チャンネルを複数作成し、リスクを分散させることが必須だ。

そして、危ない橋をなるべく渡らないことだ。

違反ではない事実を報道したテレビ動画をアップロードするのは著作権的には

OKかもしれないが、テレビ動画は削除されるリスクが高くなるので、

なるべくアップロードや、収益化しないように対策する等が妥当と言えるだろう。