ムービーメーカーの使い方をプロから学び、YouTube動画に応用させる事で初心者でも

プロ並みの動画編集が出来る事を解説した動画です。

レビュー:★★★☆

 

《ここがオススメ》

YouTube動画を作成する時に、この動画を見ておくことでムービーメーカーの基礎を

もう一度振り返り、自分の作成する動画の質を改善する事が出来るのでおススメ。

 

《この動画の要約》

1、新しい作業用のフォルダを作成する。

2、動画を作成する前に、ムービーメーカーのプロジェクトファイルを作成する。

3、タイムラインに写真を並べていく。

4、1枚あたりの時間を調整する事で、動画の長さを決められる。

5、写真の切り替わりの際に、アニメーション効果を付ける事で、優しいイメージになる。

6、一枚一枚の写真に動きを入れることで、更に効果をつける。

7、ドリームステージHDのサイトから素材をダウンロードし、オープニングを付ける。

8、映像の長さを調整する。

9、テキストを加えていく。

10、テキストツール⇒フォーマット⇒からテキストに効果をつけられる。

11、その他の写真にもテキストを加えていき、字体も変更する。

12、エンディングにもアニメーションを加える。

13、BGMを加える。

14、BGMの最後にはフェードアウトを付け加える。

15、テスト再生。

 

《一言》

YouTube動画を作成して投稿する=見る人がいるという事を忘れてはいけません。

アクセスを稼ぐだけを目的とした低品質のYouTube動画では稼げない時代へと

なりました。

 

ムービーメーカーを使える人にとって今回の動画は基本中の基本かもしれないが、

もう一度、プロのテクニックと照らし合わせて使い方をおさらいするのもおススメだ。

 

自分自身もムービーメーカーのアニメーションを採用しているが、

採用しなかった時と比べて、確実に平均視聴時間が伸びたのを確認できた。

YouTubeアドセンスを実践しているなら、視聴時間が伸びる事で広告単価が高くなる

というメリットがあるので、ちょっとした手間が今後大きな変化を

もたらしてくれるに違いない。