Manage FlitterでTwitter片思いを削除する方法について動画で解説しています。

レビュー:★★☆☆

《ここがオススメ》

誰でも簡単で、なおかつ無料でTwitterのアンフォローが出来るのでおススメ。

 

《この動画の要約》

・アカウントにログインした状態で、アクセスする。

・沢山の機能があるが、使うのはUnfollowボタンのみ。

・数字を見て古い方からリムーブをしていくのが理想。

・Unfollowを押していくと、リムーブしていくことが出来る。

・1回のリムーブできる数は100回。

・2000フォローワ―程度なら1日1回しかできないが、2万や3万

とフォローワ―いる場合は数回可能。

・その後サインアウトする。

 

《コメント》

・Twitterの片思いを解除する機能を備えたアプリや無料ツールは沢山あるが、

今回あえてこのManage Flitterを紹介する事にした。

 

Twitterを始めていてやはり一番怖いのは、過剰フォローやアンフォローによる

凍結だ。よくTwitterAPI等を使用して凍結された・・・

とか、もうTwitterは使えない・・・等の声をネット上で聞くこともあるし、

かと思えばTwitterはまだ大丈夫だ!使える!等も聞く
果たして何が正しくて間違いなのだろうか?

 

ネット検索エンジンは嘘が集まる廃棄所

抑えておきたい事実として、今はネットで誰でも情報を発信できる

時代に突入しているという事。

Twiiterでつぶやいたことのないような人

数回試して凍結されたので、すぐにTwitterはダメだ!!

という情報に流される人。

そんな産業廃棄物のようなゴミ情報があふれている。

 

中には、商品やツールを売るだけの目的で批判したりうその情報を

流したりすることもあるだろう。

 

それらを踏まえた上で、今閲覧者に届ける事の出来る情報・・・

それは、Twitterは一部の人が語るように、1日のフォローや

アンフォローの数さえしっかりと守れば、凍結はされないという事。

 

つまり、Manage Flitterを使用する際も、必ずアンフォロー数をしっかりと

制限するようにしよう。

そうしないと確実に凍結の危険性が高まる。

 

実にこの動画を投稿してからも既に2年経過していることから、

投稿者が語っている一日90件程度というアンフォローももしかしたら2016年は

既に通用しないかもしれない。

 

自分が1か月ほど前にアンフォローを行ったときは、

一気に100件ほどアンフォローしても問題はなかった。

しかし毎日行えば、凍結されていたかもしれない。

 

SNSにツールを使って集客する方法は、TwitterであれYouTubeであれ、

過剰に行えば凍結やアカウント削除という危険が常に付きまとう。

 

よく〇〇のSNSノウハウはまだ使える・・・とか、著作権の間を狙い撃つ!

といったように規則ギリギリの所を見つけ出してそこから突破口を見出す

かのような稼ぎ方をしている人は沢山いるが、

 

基本的な主旨を忘れないようにしたい。

我々は、あるSNSというサービスを利用させていただいているわけであって、

利用しているのではなく、「利用させていただいている」という点だ。

 

会社に毎日遅れたり、規約を破る人が即刻解雇されるのと同じように、

TwitterやYouTubeといったSNSで規約違反をする人は、

増々凍結やアカウント削除のリスクが高まる。

 

今回のManage Flitterのように、便利や無料ツールや数万円もする有料ツールは

沢山存在するが、いずれにしてもSNS関係のツールを使用する場合は、

この「利用させていただいている」という概念を忘れないようにしたい。

そうすれば、凍結やアカウント削除といった世間が問題にしているような話題は

一切蚊帳の外となる。