VideoPadを使ってムービーメーカーのように字幕処理をする方法を動画で

解説しています。

レビュー:★★★☆

《ここがオススメ》

VideoPadを使いこなすことで、Windowsムービーメーカーを超える

パフォーマンスを出せるのでおススメ。

 

《この動画の要約》

・VideoPadに動画を読みこませる。

・動画トラック1に移す。

・文字を追加をクリックする。(文字クリップ名は何でもOK)

・表示させたい文字を入力し、追加をクリックする。

・シーケンスにクリップを追加をクリックする。

・シーケンスのカーソル位置に重ねるにチェックを入れ追加をクリックする。

・文字の色をカスタマイズして、目立ちやすい色に変える。

・Tをクリックし、文字属性からフォント、スタイル、太さ、色等を自由に設定できる。

・外枠や背景色、文字サイズを変更していく。

・字幕スクロールの設定をする。

・タイムラインから、字幕の表示時間を自由に設定することが出来る。

・更に文字を増やしたい場合は、文字を追加をクリックして出来る。

 

《一言》

YouTubeトレンド動画を作っている人にとって字幕処理は必須だが、

字幕機能=ムービーメーカーと思い込んでいる人も多いのではないだろうか?

 

今回はあえてVideoPadで字幕を追加する方法について紹介したが、

実はVidePadの方がムービーメーカーよりも自由度が高く、

動画処理には最適だ。

 

ただ、無料体験で使える期間が限られていることからユーザーが少ない

傾向にあるのかもしれないが、試用期間が過ぎた後にアンインストールし、

再インストールすれば、また1か月使えるようだ。

 

そう考えれば、ずっと無料で使い続けることが出来るのでとってもお得なので

ぜひ有効活用したい。