ムービーメーカを使って動画や音楽をフェードアウトする方法を

動画で解説しています。

レビュー:★★★☆

《ここがオススメ》

ムービーメーカーのフェードアウト機能を使うことで、結合部を自然に表現でき、

動画の質を上げる事が出来るのでおススメ。

 

《この動画の要約》

~動画のフェードアウト~

・視覚効果をクリックし、モーションとフェードから自分の好きなモードを

選択する。

・終了部も同様にして選択する。

(マウスで好きなエフェクトアイコンにカーソルを合わせる事で実際に

効果を確認することが出来る)

 

~音楽のフェードアウト~

・音楽を挿入する。

・フェードインとフェードアウトの項目から、速度を設定できる。

・始まり位置をずらすことも可能。

・遅い設定が効果的

 

《コメント》

動画を投稿する時にフェードイン&フェードアウトは必須だ。

時に音楽を挿入する時には注意するようにしよう。

動画を作成する時はいつでも視聴する側の気持ちになって考えると

見えるものがある。

 

例えば、YouTube動画を再生していきなりハイテンションな

ロック調ミュージックが鳴り出したらどう思うだろうか?

ビックリし、慌ててブラウザーの戻るボタンを押してしまうかもしれない。

その後音量設定をしてもう一度見てくれれば幸いだが、

中にはそのまま違う動画に流れて言ってしまう事もあるだろう。

 

せっかく動画の質がよくても曲の選択によっては、視聴者を取りこぼすことにも

なりかねないという事が、視聴者目線で考えた時に分かるようになる。

 

もちろん、使用する曲のフェードインアウトに加えて動画自体にもフェードアウト

機能を追加することで、他人とは違った質の高い動画を作成でき、

視聴回数に加えて再生時間を稼ぐことにもつながるだろう。