YouTube動画作成に欠かせないフリー画面キャプチャ―ソフト「oCam」の使用法を

動画で解説したものです。

 

レビュー:★★★☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeを収益化している人でPC画面をキャプチャ―する機会は非常に多い。

操作性や利便性を考えた時に、このフリーソフトは非常に便利だ。

作業効率をアップさせることは、YouTube動画投稿において必須アイテムだろう。

 

《この動画の要約》

1、oCamスクリーンレコーダーをダウンロードし、インストールする。

(インストールが完了すると、自動でoCamが起動する。

2、画面が2つ表示され、緑色の枠に表示された部分が録画される。

3、ツール⇒オプション⇒カーソルを含める を入れると録画の際に

カーソルも含める事も出来る。

4、その他キーボードで操作が可能なショートカットキーも備えている。

5、エフェクトでマウスのクリック効果を設定できる。
…………多少省略…………

6、すかし機能を使うことで、任意の場所に透かしを入れ、自分のロゴを

挿入することも可能。

7、録画の際の緑の枠は、自由に大きさを変更できる。

 

~実際にYouTubeの動画をキャプチャ―して試してみる~

8、コーデックを指定する事で、任意の形式で録画できる。

9、システムサウンドをOnにする事で、PC音を録音できる。

10、マイク音で自分の声も録音できる。

11、動画は任意の箇所で静止画として保存できる。

12、実際に録画を開始!!

 

《一言》

YouTubeに動画をアップする上でPC画面をキャプチャ―する際、気になる点が

操作性だ。実際にゲーム画面をキャプチャ―してアップロードしている人は

沢山いるが、その画質や音質が気になる場合も多い。

 

また、実際フリーのキャプチャーソフトを探したけれどなかなかいいのが見つからず、

有料の物を購入しようか検討している人もいるはずだ。

当然有料の物を購入すれば、満足の行く画質、音質を手に入れることは可能だが、

どうしても無料で試したいと思っている人にはおススメのフリーソフトである。

 

ゲームレビューを行っているなら、

画面キャプチャーの質(画質、音質)は間違いなく考えた方がいいだろう。

面倒だと思う時もあるかもしれないが、ちょっとしたこだわりが

遠い目で見た時に長期的な視聴者の支持と再生回数をもたらしてくれるに違いない。